AMR(薬剤耐性)とワンヘルスの理解を深める
統計情報サイト

MENU

AMR(薬剤耐性)とワンヘルスの理解を深める統計情報サイト

Neisseria gonorrhoeae(淋菌)の薬剤耐性状況の調査

概要

淋菌感染症の診断では核酸検査の利用が進み、一部の症例のみ分離培養が行われている現状がある。淋菌の薬剤感受性試験は一般の検査室や検査会社において容易に実施することはできないことから、JANISによる動向把握は困難である。このことから、2015年よりAMEDによる研究によって、Neisseria gonorrhoeae(淋菌感染症)の薬剤耐性状況の調査が実施されている。得られたデータは、WHOによって行われているGLASSにも報告されている。

調査方法

全国の協力クリニック(40箇所以上)が設定されている。各クリニックから検体あるいは検査会社経由で菌株を全国5カ所の検査可能な施設で収集し、薬剤感受性試験を実施した。薬剤感受性試験はCLSIあるいはEUCASTで推奨されている寒天平板希釈法あるいはEtestによって測定した。測定薬剤は推奨薬剤であるセフトリアキソン(CTRX)及びスペクチノマイシン(SPCM)、海外の2剤併用療法の一剤として利用されているアジスロマイシン(AZM)に加えて、過去に推奨薬剤として利用されてきた3剤(ペニシリン(PCG)、セフィキシム(CFIX)、シプロフロキサシン(CPFX))のMICを求めた。感受性・耐性判定は、EUCASTの基準を用いた(表B)。参考としてCLSI(M100-S25)の基準(表C)を用いた耐性率を示した(表D)。表に示したアジスロマイシンに関してはCLSI(M100-S27)により示された耐性遺伝子をもつ菌株のMIC分布に基づいた指標である。

今後の展望

淋菌感染症の治療薬剤選択は、薬剤感受性試験実施が困難であることから、動向調査の結果に基づいて推奨薬剤を決定し経験的に実施する必要がある。
経験的治療は95%以上の成功率を得られる可能性がある薬剤が推奨される。現在国内で推奨可能な薬剤はセフトリアキソン及びスペクチノマイシンのみである。咽頭に存在する淋菌が感染源として重要であることから、咽頭に存在する淋菌も除菌することが求められる。しかしながら、スペクチノマイシンは体内動態から咽頭に存在する淋菌には無効であることから、実質的にはセフトリアキソンが唯一残された薬剤である。
国内の分離株の薬剤感受性試験ではセフトリアキソンMIC 0.5 μg/mlを示す株が散発的に分離されている。海外でのセフトリアキソン接種は筋注であり、用量が制限される。このためセフトリアキソンMIC 0.5 μg/mlの株が海外に伝播した際には、セフトリアキソンが無効となる可能性が高いため、今後の分離の動向を注視していく必要がある。

表B. EUCAST(μg/ml)を使用したNeisseria gonorrhoeaeの薬剤感受性判定基準

表B. EUCAST(μg/ml)を使用したNeisseria gonorrhoeaeの薬剤感受性判定基準

表C. CLSI(μg/ml)を使用したNeisseria gonorrhoeaeの薬剤感受性判定基準

表C. CLSI(μg/ml)を使用したNeisseria gonorrhoeaeの薬剤感受性判定基準

* CLSI(M100-S27)で示された Epidemiological cutoff value は wild type (WT)≦1 ,non-WT ≧ 2

表D. CLSI(M100-S25)の基準を用いたNeisseria gonorrhoeaeの耐性率(%)

表D. CLSI(M100-S25)の基準を用いたNeisseria gonorrhoeaeの耐性率(%)

* CLSI(M100-S27)で示された Epidemiological cutoff value(2 μg/ml 以上を非野生株)による値であり、耐性率とは異なる。
*括弧内の数字は、耐性と中間耐性の率の和。