AMR(薬剤耐性)とワンヘルスの理解を深める
統計情報サイト

MENU

AMR(薬剤耐性)とワンヘルスの理解を深める統計情報サイト

JP EN

AMR アクションプランのモニタリング強化の一環として、2017 年度から疾病にり患した犬及び猫由来の薬剤耐性菌モニタリング調査を開始した。疾病にり患した犬猫からの菌株の収集にあたっては、全国を北海道・東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄の 6 つのブロックに分け、動物診療施設(小動物・その他)の開設届出数に基づいて菌株数を割り当て、小動物の臨床検査機関より収集した。薬剤感受性試験には、CLSI に準拠した微量液体希釈法を用い、収集した各種菌株の抗菌剤の MIC 値を測定した。なお、BP は、CLSI で規定されている薬剤についてはその値を採用し、CLSI で規定されていない薬剤については、EUCAST で規定されている値又は微生物学的 BP(二峰性を示す MIC 分布の中間点)を採用した。
健康動物由来とは異なり、疾病にり患した動物由来細菌の薬剤耐性の調査では、抗菌剤による治療の影響や疾病の発生状況の影響を受ける可能性があることに留意する必要がある。愛玩動物についても家畜と同様に健康動物の薬剤耐性の動向をベースラインの情報として把握することが重要と考えられることから、疾病にり患した動物の調査を継続するとともに、健康な犬猫を対象とした調査を 2018 年より開始した。健康な犬猫を対象とした調査は実施中であり、本報告書には記載していない。