AMR(薬剤耐性)とワンヘルスの理解を深める
統計情報サイト

MENU

AMR(薬剤耐性)とワンヘルスの理解を深める統計情報サイト

JP EN

データ元

国立感染症研究所

http://www0.nih.go.jp/niid/

2015 ~ 2018 年に分離された Salmonella Typhi(チフス菌)(31~46株)の薬剤感受性試験の結果、シプロフロキサシン(CPFX)非感受性株の割合は 61.7~83.9%であり、シプロフロキサシン高度耐性(MIC≧ 4 )株の割合は 5.9~23.9%であった。またこの期間において、アンピシリン(ABPC)、クロラムフェニコール(CP)、ST 合剤に耐性を示す多剤耐性チフス菌が 8 株、セフォタキシム(CTX)耐性チフス菌が 1 株分離された。

グラフ
数値
ダウンロード
* フルオロキノロン高度耐性。
このページは以下リンク先に基づいて作成されています。薬剤耐性ワンヘルス動向調査 年次報告書 2019Webサイト内容を使用される際は“薬剤ワンヘルス動向報告書から引用 “と注釈を記載してください。