AMR(薬剤耐性)とワンヘルスの理解を深める
統計情報サイト

MENU

AMR(薬剤耐性)とワンヘルスの理解を深める統計情報サイト

JP EN

抗菌薬・抗菌剤の種類と略号

分類 一般名 略号*
βラクタム系 ペニシリン系 benzylpenicillin(enicillin G) PCG
ampicillin ABPC
ampicillin/sulbactam ABPC/SBT
piperacillin PIPC
oxacillin MPIPC
piperacillin/tazobactam PIPC/TAZ
amoxicillin AMPC
amoxicillin/clavulanic acid AMPC/CVA
セファロスポリン系 第1世代 cefazolin CEZ
cephalexin CEX
第2世代 cefotiam CTM
cefaclor CCL
第3世代 cefotaxime CTX
ceftazidime CAZ
ceftriaxone CTRX
cefoperazone/sulbactam CPZ/SBT
cefdinir CFDN
cefcapene pivoxil CFPN-PI
cefditoren pivoxil CDTR-PI
cefixime CFIX
第4世代 cefepime CFPM
cefpirome CPR
cefozopran CZOP
セファマイシン系 cefmetazole CMZ
cefoxitin CFX
オキサセフェム系 flomoxef FMOX
latamoxef LMOX
モノバクタム系 aztreonam AZT
カルバペネム系 meropenem MEPM
doripenem DRPM
biapenem BIPM
imipenem/cilastatin IPM/CS
panipenem/betamipron PAPM/BP
tebipenem pivoxil TBPM-PI
ペネム系 faropenem FRPM
ST 合剤 sulfamethoxazole-trimethoprim ST, SMX/TMP
マクロライド系 erythromycin EM
clarithromycin CAM
azithromycin AZM
tylosin TS
ケトライド系 telithromycin TEL
リンコマイシン系 clindamycin CLDM
lincomycin LCM
ストレプトグラミン系 quinupristin/dalfopristin QPR/DPR
virginiamycin VGM
テトラサイクリン系 minocycline MINO
tetracycline TC
doxycycline DOXY
oxytetracycline OTC
アミノグリコシド系 streptomycin SM
tobramycin TOB
gentamicin GM
amikacin AMK
arbekacin ABK
kanamycin KM
spectinomycin SPCM
dihydrostreptomycin DSM
キノロン系 ◎ciprofloxacin CPFX
(◎フルオロキノロン) ◎levofloxacin LVFX
◎pazufloxacin PZFX
◎norfloxacin NFLX
◎prulifloxacin PUFX
◎moxifloxacin MFLX
◎garenoxacin GRNX
◎sitafloxacin STFX
◎ofloxacin OFLX
◎enrofloxacin ERFX
oxolinic acid OA
nalidixic acid NA
グリコペプチド系 vancomycin VCM
teicoplanin TEIC
オキサゾリジノン系 linezolid LZD
ポリペプチド系 polymyxin B PL-B
colisitin CL
bacitracin BC
リポペプチド系 Daptomycin DPT
アンフェニコール系 chloramphenicol CP
florfenicol FF
その他の抗菌薬 fosfomycin FOM
salinomycin SNM
bicozamycin BCM
抗結核薬 isoniazid INH
ethambutol EB
rifampicin(rifampin) RFP
pyrazinamide PZA
rifabutin RBT

* 日本化学療法学会抗菌化学療法用語集、動物用抗菌剤研究会報36(2014)及び家畜共済における抗菌性物質の使用指針(2009年、農林水産省)より引用

【参考】

抗微生物薬等については、以下の様な詳細な定義があるものの、実際の医療では、「抗菌薬」、「抗生物質」、「抗生剤」及び「抗菌剤」の四つの用語は細菌に対して作用する薬剤の総称として互換性をもって使用されている。農林畜産分野では、治療目的に加えて抗菌性飼料添加物等にも使用されることから、「抗菌剤」や、「抗微生物剤」と表現されることが多い。

抗微生物薬(antimicrobial agents, antimicrobials):微生物(一般に細菌、真菌、ウイルス、寄生虫に大別される)に対する抗微生物活性を持ち、感染症の治療、予防に使用されている薬剤の総称である。ヒトで用いられる抗微生物薬は抗菌薬(細菌に対する抗微生物活性を持つもの)、抗真菌薬、抗ウイルス薬、抗寄生虫薬を含む。

抗菌薬(antibacterial agents):抗微生物薬の中で細菌に対して作用する薬剤の総称として用いられる。

抗生物質(antibiotics):微生物、その他の生活細胞の機能阻止又は抑制する作用(抗菌作用と言われる)を持つ物質であり、厳密には微生物が産出する化学物質を指す。

抗生剤:抗生物質の抗菌作用を利用した薬剤を指す通称である。
(抗微生物薬適正使用の手引き(第一版)参照)

原末換算量(動物用医薬品)、実効力価換算量(抗菌性飼料添加物)、有効成分換算(農薬)、力価換算した重 量ベースの抗菌薬消費量(ヒト):動物用医薬品は製造販売業者より販売データを収集しており、原末換算量は販売数量から算出した薬剤の有効成分重量である。その際、製造販売業者は販売した抗菌剤が使用される畜種の割合も推定して提出しており、推定販売量はその畜種別割合に基づき、畜種別の販売量を算出したものである。また、抗菌性飼料添加物における実効力価換算量、農薬における有効成分換算およびヒトにおける力価換算した重量ベースの抗菌薬消費量は、原末換算量と同様に、有効成分重量を指している。